CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

ちょっと元気になりたい人におすすめの映画

24c9823e-s
出典:http://blog.livedoor.jp/

すごく落ち込んでいるわけではないけれど、なんとなく気分が乗らない…。
理由はないけど、いまいち明るい気分にならない…。
そんな時のあたなに、おすすめしたい作品をご紹介します。

すべての人に一度は観てほしいと思う『最強のふたり』

20120920125250
出典:http://d.hatena.ne.jp/

不慮の事故で全身麻痺になり、車いす生活を送る富豪のフィリップ。新しい介護者を探していたフィリップは、スラム出身で、生活保護の申請目当てにきた青年ドリスを採用します。まったく境遇が異なる2人は、反発し合いながらも、友情を育んでいき…。
実話がベースになっているヒューマン映画です。感動して号泣する作品というよりは、観た後に、思い返してじわじわとさわやかな感動が広がっていくような作品です。人と向き合うこと、人生と向き合うこと頑張ってみようか、ちょっと前向きに歩きだしてみたくなるような気持ちになります。吹き出してしまうような笑えるシーンも多く、どんな人にでも、一度は観て欲しい、観て良かったと心から素直に思える映画です。

ただのコメディじゃない!隠れた名作『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

イエスマン-“yes”は人生のパスワード
出典:http://matome.naver.jp/

仕事でもプライベートでも「NO」や「パス」を連発、断るのが基本の男・カール。そんな彼をみかねた友人に連れて行かれたセミナーをきっかけに、いつどんなときも「イエス」と答えることに。「イエス」という一言で、カールの人生が一変していき…。
YESと言うことで、カールの運気は上がっていきます。すべてを受け入れるべきとは言いませんが、少し自分の考えを変えてみたり、拒絶していた意見を取り入れたりすることで世界が変わっていくかもしれません。笑って前向きになれる、観た後には、明日もちょっと頑張ってみようと思える作品です。

ジャック・ブラックらしさが出た最高傑作!?『スクール・オブ・ロック』

51NKABP86QL
出典:http://www.amazon.co.jp/

バイトをクビになり、ルームメイトに追い出されたデューイは、友人になりすまして、名門小学校の代用教員になります。仕事などする気のないデューイでしたが、本業のロックを教え始め、次第に生徒も興味を示し始めます。クラス全員でこっそりバンドバトルに出場することになりましたが…。
主人公は明らかにダメ人間で、生徒たちも最初は何事にも無気力ですが、ロックを通じて交流していくうちに、お互いに成長していく姿に感情移入してしまいます。難しいことは抜きにして、映画って楽しい、音楽って楽しい!とワクワクできる作品です。
ラストに興奮すること間違いなしです!

女性が前向きでハッピーな気持ちになるならこれ!『キューティ・ブロンド』

blonde
出典:http://www.b-cafe.net/

外見はイケてるブロンド美人のエルは、政治家志望の恋人ワーナーから「ブロンドは妻向きじゃない」と振られてしまいます。エルはハーバードの法学部に、ワーナーを追いかけて入学します。彼のハートを取り戻そうとしますが…。
クラスメイトや教授から冷たい目で見られても、前向きに乗り越えていくエルの姿からは、ポジティブに生きていく気持ちがもらえます。自分だけでなく、周りも幸せにしていくエルの魅力が炸裂しています。勇気も元気ももらえるキュートでハッピーな映画の決定版です。

何十年経っても色褪せない元気が出る映画の定番!『天使にラブ・ソングを』

eb3d75cdab0a6245866c75cfa4d34a55
出典:http://www.amazon.co.jp/

殺人現場を目撃してしまった、売れないクラブ歌手のデロリス。ギャングに命を狙われるようになったため、裁判の日まで身を隠すことになった場所はお堅い修道院。下町で育ったデロリスは、神聖な場所には合わないばかりか、聖歌隊をゴスペル風に改造していき…。
敬虔なシスターたちが、デロリスに乗せられ、活き活きとゴスペルを歌う姿に、一緒になって歌いだしたくなるような、ノリノリになる作品です。観ているうちに引きこまれていき、生き甲斐の大切さに胸が熱くなる色褪せない名作です。

ちょっと気分が乗らなかったり、理由もなく落ち込んでしまっている人は、何もせずゴロゴロしているのも良いですが、ゴロゴロしながら映画を観てみるのもおすすめです。意外と気分転換になったり、作品に乗せられて、少し元気になったりするものです。なんだか憂鬱な日には映画をお供にしてみてはいかがでしょうか?

Facebookコメント

Return Top