CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

大人の色気にうっとり…♡ハリウッド俳優マシュー・マコノヒーのかっこいい映画作品

アイキャッチ
出典:http://jp.autoblog.com/

1969年、テキサスで生まれ、大学卒業後からロサンゼルスで俳優活動を始めたマシュー・マコノヒー。1993年からスクリーンに登場し、2013年には『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞に輝きました。その後、『インターステラー』などで日本での知名度もますます上がり、彼の大人の色気に魅せられるファンが増え続けています。
そんなマシュー・マコノヒー出演作を、新作から順に紹介していきます!

2人の男たちが死と生のはざまを彷徨う『追憶の森』

自殺の名所として有名な、日本の青木ヶ原樹海。アメリカ人のアーサーもまた、自ら命を絶つためにやってきました。森の中を進むうち、中村という日本人と遭遇します。中村は自殺を思いとどまり、樹海から抜け出す途中に怪我をしてしまったのです。アーサーは中村を見捨てることができず、共に行動しますが、出口は一向に見当たりません。森を迷いながら2人は互いのことを話しはじめます。

渡辺謙とのダブル主演が話題となりました。樹海を彷徨う2人の男のシーンが続きますが、緊張感があり、ラストは感動が待っています。

時間を超え、空間を超えて描く愛『インターステラー』

異常気象により、地球の滅亡が近づく中。トウモロコシを作りながらどうにか生活している元宇宙飛行士のクーパーは、10歳の娘マーフの部屋の本が勝手に落ちることから、その暗号を解読してマーフと2人でとある秘密基地へと辿り着きます。そこでは、地球の次の住みかとなる星を探す計画が秘密裏に進められていたのです。
そして、第2の地球となる星を探す任務に参加することになったクーパーは、行かないでと懇願するマーフを残して旅立つのでした。

『ダークナイト ライジング』などの、クリストファー・ノーラン監督作品。常に娘を思う父親であり、人類のために任務を遂行しようとするクーパーを、マシューが演じました。
宇宙に漂う星々、5次元の世界の情景など、美しくミステリアスな映像に目を見張ります。ストーリーの軸には”スピードの異なる時間”があり、そのとらえ方がやや難解かもしれませんが、頭を空っぽにして家族愛を感じてほしい、そんな作品です。

死を目前にした男が選んだ最後の道とは?『ダラス・バイヤーズクラブ』

1985年、ダラスの電気技師でありロデオ・カウボーイでもあるロン・ウッドルーフは、自分がHIVに感染している事実を知ります。さらに余命は30日。新薬の噂を聞き、裏から手をまわして手に入れたものの、彼の症状は悪化していきます。しかし、ロンはまだその薬が出回っていない国で、同じ病気に苦しむ人にそれを売るシステム、”ダラスバイヤーズクラブ”を思いつくのです。

実話をもとに映画化された作品です。アカデミー賞ではマシューが獲得した主演男優賞の他にも、ジャレッド・レトが助演男優賞、そしてメイク・ヘアスタイリング賞にも輝きました。
マシューは、HIVに感染したロンを演じるために、21キロも減量して撮影に挑みました。

チャニング・テイタムの実話が映画化『マジック・マイク』

ストリップクラブの看板ダンサー、マイク。夜ごと多くの女性客の黄色い悲鳴の中で、最高のパフォーマンスを見せていました。この商売で資金を貯め、いつか小さなビジネスをするのがマイクの夢でした。
マイクは若いアダムと出会い、ダンサーの道を勧めます。アダムの姉ブルックにアダムのことを頼まれたマイクでしたが、アダムは次第に薬にも手を出し始めます。そしてとうとう、薬でトラブルを起こしてしまうのでした。

主演は、この実話の主人公でもあるチャニング・テイタム。マシューが演じたのは、ストリップクラブのオーナーであるダラスです。

思春期の少女と指名手配犯の心の通い合い『MUD マッド』

100775_002
出典:http://popculturecrazy.com/

14歳の少年エリスは親友のネックボーンと共に、ある島でマッドと出会います。彼に興味を持ったエリスは、マッドに食べ物の差し入れを始めます。しかしある日、マッドが指名手配犯であることがわかったエリスは、彼の望みであるジュニバートの再会を手助けすることにするのでした。

ワケありの男、マッド演じるマシューは、そのワイルドで力強い魅力を存分に披露しています。

スタイリッシュなイケメン弁護士が事件を追う『リンカーン弁護士』

The_Lincoln_Lawyer_image
出典:http://collider.com/

ロサンゼルスを拠点としている弁護士ミック・ハラーは、愛車のリンカーンで街中を走り、顧客を探しています。ある日、不動産業者の息子であるルイスが殺人未遂を起こしたことで、その担当になります。保釈金を払うことでいったん保釈となったルイスですが、無実を主張していました。そしてミックは、かつての事件とこの事件がそっくりなことに気づくのでした。

高級車を乗り回す敏腕弁護士ミックを、マシューが演じています。2011年のこの作品以降、彼の演技は高い評価を得るようになりました。

サブ1 (2)

サスペンス、ドラマ、SFと、あらゆるジャンルの映画に出演しているマシュー・マコノヒー。その作品ごとに本当に同一人物なのかと思うほど役柄になりきっている彼は、まさにハリウッドを代表する演技派俳優です。ぜひ、見比べてみてくださいね。

『追憶の森』
©2015 Grand Experiment, LLC.

『インターステラー』
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ダラス・バイヤーズクラブ』
© 2013 DALLAS BUYERS CLUB, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『マジック・マイク』
©2012 The Estate of Redmond Barry LLC.All right reserved.

『MUD -マッド-』
©2012 , Neckbone Productions, LLC.

『リンカーン弁護士』
©2011 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LCC And LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

Facebookコメント

Return Top