CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

お家デートにおすすめかも。1人では観たくないホラーサスペンス映画4選(ネタバレあり)

1人では観られないホラー映画も、お家デートで彼と見るなら併記かも。1人では観たくないホラー映画4選です。一部ネタバレを含みます。

密室で足を鎖でつながれた2人の男が直面する、究極の選択と苦悩を描いたスリラー。全く先の読めないストーリー展開とスタイリッシュな映像は必見『ソウ』

image1
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%BD%E3%82%A6/321011/photo/?page=1

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードンとアダム。足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとしますが…。

■みんなのレビュー
ホラー映画の部類になるのかな?サスペンスホラーかな。あんまり、怖いのとか好きじゃない私ですが、sawだけは、物凄く、お勧めします。見終わって、「え~!そおいうことだったの?え~!」と、すごく驚いて、ホントによく考えたなあと思いました。全部で6シリーズありますが、毎回すごい驚かされて、騙されます。そして、サスペンスホラーなので、ストーリーも怖いですし、でも、シリーズ6まで見てしまいました。一番お勧めです。/sakura

 

映画史上もっとも残虐で、悲しい子喰いクラウンが誕生『クラウン』

息子の誕生日にクラウンの衣装を着て祝った父ケント。だが衣装が脱げない!やがてその衣装が肌の一部になり始め自分が変わり始めていることを感じ取ります。呪われた衣装の謎は、かつての子供たちをむさぼり喰っていた悪魔”クロイン”伝説にありました。永遠にクロインになってしまう前にくい止める方法を見つけることができるのでしょうか…!?

■みんなのレビュー
クラウンの衣装を着た父親が、怪物へと変貌していくという内容に心惹かれました。変わっていく自分自身への苦悩もあるだろうし、ホラー要素とヒューマンドラマの要素が合わさっていそうで、どういうストーリーになっていくのか非常に楽しみです。/ruru

 

森の奥の小さな村を舞台に描くスリラー。村の住人たちのユートピアを維持するために義務づけた掟が破られる時に訪れる恐怖は、予想外の結末を呼ぶ『ヴィレッジ』

image2
出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/ヴィレッジ/319653/photo/

1897年、ペンシルヴェニア州のとある深い森の中に存在する小さな村は、周囲から孤立していました。村では皆が家族のような暮らしをしていましたが、その暮らしを守るために作られた奇妙な掟を、村人たちは守らねばなりません。しかし、ある日のこと盲目の少女が、恋人の命を救うためにその掟を破ろうとして…。

■みんなのレビュー
全体的な雰囲気はけっこう好きで、意外な犯人やラストのハッピーエンドではない点なども良かったと思います。森の奥にひっそりと暮らす人々、そしてそこに伝わる伝説というテーマだけで心躍ります。ただ盲目の少女という設定がオチありきの無理矢理な設定になっている感じがして、もう少し活かすことができなかったのかとそこだけが残念です。/emi

 

クリスマスに送られたモグワイというペットが起こすドタバタSFブラック・コメディ!『グレムリン』

image3
出典:http://www.allcinema.net/prog/image_large.php?i=6608&t=0&im=12662&nm=%25A5%25B0%25A5%25EC%25A5%25E0%25A5%25EA%25A5%25F3

チャイナタウンの骨董屋で、発明家ペルツァーが手に入れた不思議な動物モグワイ。彼はそれを息子ビリーへクリスマス・プレゼントとして贈りますが、モグワイには、水に濡らさないこと、太陽光線に当てないこと、真夜中すぎにエサを与えないことの3つの誓いが必要でした。ですが、この誓いが破られた時、可愛いモグワイは恐るべき凶悪な怪物グレムリンへと増殖していくのです。かくして平和な田舎町キングストン・フォールズは悪夢のクリスマスを迎えることに…。

■みんなのレビュー
最初は、ほんとかわいい存在でしたが、子供が生まれた辺りから当時はかなり怖かったですね…。最初のグレムリンはそのままなのですが、水に濡れて発生した子供グレムリンが凶暴すぎて(笑)一番衝撃的だったのは、ミキサーにかけられるシーンですね…。あれはトラウマになりました…。それでも、当時は人形なども作られて、グレムリンは人気のキャラでしたね。/摩陀羅

 

『ソウ』
(C)2004 Saw Productions, Inc.
『クラウン』
(C)2014 Vertebra Clown Film Inc.
『ヴィレッジ』
(C)2004 Touchstone Pictures All rights reserved.
『グレムリン』
Eirin Approved (C) 1984 Warner Bros. Entertainment Inc.

Facebookコメント

Return Top