CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

キュンキュンしたいなら、王道の青春恋愛映画を観よう(邦画編)

サイズ変更
キュンキュンしたいなら、やっぱり王道の青春恋愛映画。漫画が原作になっている邦画の恋愛映画4選です。

彼女がいる人に、想いを伝えられる?切ない恋愛映画「ストロボ・エッジ」

好きな人に、好きな人がいても好き。

まだ恋をしたことのない、高校1年生の木下仁菜子(有村架純)。ある帰り道の電車の中­で、学校中の女子から人気を集める同級生の一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会う。少しずつ会­話を交わすようになる蓮と仁菜子。クールに見える蓮の優しい言動、笑顔に今まで感じた­ことのない気持ちを感じる仁菜子は、自分が蓮に恋をしていると気付く。しかし、蓮には­中学の時から付き合っている年上の彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた……。

■みんなのレビュー
予告を見ているだけでキューンとしてしまいます!
学生ならではの青春です!好きな人が居るけど彼女が居る…それでも思いを伝える!という何とも切ない話から始まります。
これ以上好きになっても仕方ないけどどんどん惹かれあっていく…
恋がしたくなったなぁ!そう思える作品です!/アリーナ

何もかもがはじめての恋愛は、ドキドキづくし。「好きっていいなよ。­」

累計600万部を突破した、いま一番ドキドキできる恋愛バイブル「好きっていいなよ。­」(講談社「デザート」連載)。が遂に映画化!キスをする、手をつなぐ、恋をする・・­・いくつもの「はじめて」を経験して、優しさや愛おしさ、嫉妬やせつなさ・・・を知っ­て成長していく主人公たちに、自分を重ね合わせ、共感する”恋する女の子た­ち”が続出!

■みんなのレビュー
「キュンとしたい映画」ならこの映画。漫画原作ということを甘く見てはいけない映画です。今をときめく若手の注目俳優の福士蒼汰さんの強引な演技や照れるような演技が多く、30代には可愛くもキュンと来るシーンでキュンキュンしっぱなしです。/HAMY

彼女がいる人に、想いを伝えられる?切ない恋愛映画「ストロボ・エッジ」

こんなに誰かを好きになったのは、初めてだった

1986年から翌年まで別冊マーガレットで連載され、全4巻で700万部という驚異的­な発行部数を誇る、紡木たくの「ホットロード」。十代の頃に出会って以来、何度も手に­取ってバイブルにしている世代はもちろん、主人公に共感する若者たちによって時代を超­えて読み継がれている不朽のコミックが、ついに映画化

■みんなのレビュー
家庭の事情から、仲間に囲まれながら、どこか寂しい気持ちや怒りを抱えて孤独に生きている和希と春山の二人。お互いにそれぞれの孤独を感じとり、徐々に惹かれあっていく過程が、透明感のある主人公二人の演技で心が切なくなります。二人のこれからは厳しいかもしれないけれど、人を愛する気持ちを知った二人であれば、きっと大丈夫と思わせてくれます。人を大切に思う気持ちが自分を強くすることを信じさせてくれる素敵な映画です。/kana

主演の生田斗真に絶賛の声。若さならではのピュアな恋を描いた「僕等がいた」

高校時代から社会人にかけての若さならではのピュアな恋を切なく描いた人気コミックを­、生田斗真と吉高由里子主演で映画化した2章仕立てのラブストーリー。

■みんなのレビュー
漫画を読んでいたので気になって見に行きました。吉高ゆりこが七美っていうのは合っていないように感じたけど、生田斗真が元晴っていうのは合ってました。背格好のイメージがぴったりでかっこよかったです。七美は宮崎あおいが良かったな。高岡蒼甫もライバル役のイメージじゃないのでもっとさわやかな俳優が良かったです。/まき

「ストロボ・エッジ」
2015年3月14日全国東宝系にてロードショー
(C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会

「好きっていいなよ。」
2014年7月12日(土)全国ロードショー
(C)2014「好きっていいなよ。」製作委員会

「ホットロード」
2014年 7月12日(土) 全国ロードショー
8月16日(土)より、全国ロードショー
(C)2014「ホットロード」製作委員会 (C)紡木たく/集英社

「僕等がいた」
『僕等がいた 前篇』3月17日より、『僕等がいた 後篇』4月21日より全国公開
(C) 2012「僕等がいた」製作委員会 (C) 2002小畑友紀 / 小学館

Facebookコメント

Return Top