CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

「自分の夢とグループでの夢が叶った作品」 映画『BD~明智探偵事務所~』小澤廉インタビュー

大文豪・江戸川乱歩の作品の中でもエンターテイメント性あふれる「少年探偵団」シリーズを原案に、行方不明の少女を追う二人の新米探偵と少年探偵団の物語を描いた、映画『』。本作で寺坂頼我(祭nine.)さんとともにW主演を務めた、小林芳雄役の)さんにインタビューしてきました!

「自分の夢とグループでの夢が叶った作品」 映画『BD~明智探偵事務所~』小澤廉インタビュー

――本作に主演として出演が決まったときのお気持ちを教えてください!

歴史ある江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズを原案とした作品で、主人公である小林を演じられたことは役者としてとても嬉しかったです。その反面、役に対する責任感やプレッシャー、きちんと僕が思い描いた通りに小林を演じられるかという不安もありました。

――小林を演じるうえで意識したことは?

冷静沈着で頭脳明晰な小林ですが、実は紆余曲折を経て探偵になったという役柄なので、そのことを心に留めて演じていました。頼我くん演じる気性の荒い井上とは一見対照的なようで、実は育ってきた環境などに通じる部分もあり、小林には井上が昔の自分と重なって見えているんですよね。小林は自身の経験を通して学んできた仲間の大切さなどを井上に教えようとしますが、最初から答えを渡してしまうのではなく、井上が自分で気がつくように促すという点も意識しながら演じました。

「自分の夢とグループでの夢が叶った作品」 映画『BD~明智探偵事務所~』小澤廉インタビュー

――寺坂さんとの共演はいかがでしたか?

頼我くんは素直でまっすぐな方でした。前だけ見て突っ走るところなど、性格的に自分と似ているなと感じるところもありましたね。お互いに映像作品の出演経験が少ないので、演技について相談し合ったり、何度も二人でセリフ合わせをしたりしました。撮影の合間には、僕のしょうもないボケに頼我くんがツッコミを入れてくれたり(笑)撮影中以外でも良い関係性を築けていたと思います。

――今回は小澤さんの所属するグループ・B2takes!のメンバーも総出演ということですが、メンバーとの共演については?

いつか“役者”としてのお仕事にメンバー全員で挑戦してみたいと思っていたので、本作を通して僕の夢が叶いました。僕はこれまで役者としていろいろなお仕事をしてきましたが、B2takes!のみんながいてくれたからこそ個人での仕事を頑張ることができたと思っているので、メンバーと一緒に芝居ができてすごく嬉しかったです。

演技未経験のメンバーもいたので、少し心配な面もあったのですが、実際に観てみたらそんな心配は必要ありませんでした。一人一人が事前に監督から指示をもらって、その指示をもとにそれぞれ役を作り込んで撮影に挑みましたし、映画を観てグループ結成当初とは違ったプロ意識を感じることができました。

――みなさんそれぞれ役にハマっていましたよね!

(森)勇翔の銀髪はかなり違和感ありましたけどね(笑)IGUちゃんは身長が高いから、やっぱりスクリーンの中ですごく映えるなと思いましたし、存在感がありました。それからわたるの演技力には驚かされましたね。わたるはお芝居の仕事が初めてだったのですが、めちゃめちゃうまくて、天性のものだなと…!滑舌の悪いあつしのセリフもしっかり聞き取れましたよ!監督が何テイクかしてくれたおかげかもしれませんね(笑)

「自分の夢とグループでの夢が叶った作品」 映画『BD~明智探偵事務所~』小澤廉インタビュー

――本作では「少年探偵団」の絆も描かれていますが、小澤さんにとって“仲間”とは?

上辺だけの関係じゃない人たちですね。自分の意思を隠さずに伝えられる存在というか。オープンに向き合うことができるのが“仲間”なんじゃないかな。それからもし相手が悪かったらきちんと叱ってあげることも、“仲間”としての優しさだと思います。きっと仲間であれば、叱ったからといって嫌われるような心配もないと思うので。

Return Top