CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

「自分の役よりも周囲の雰囲気作りを意識した」 映画『ここは退屈迎えに来て』成田凌インタビュー

――劇中では、登場人物それぞれの感情が溢れ出すシーンがありますが、成田さんが最近思わず感情が溢れてしまった出来事は?

友達からキャンプに誘われていて楽しみにしていた日があったのですが、マネージャーさんからその日が仕事だと聞いて泣く泣く断ったんです。でも実はその日は休みだったということが前日になって分かって、“もう、何だよ!”って(笑)ふてくされて、結局その日は昼間から一人で飲んでいました(笑)

――キャンプとはなかなかアクティブですね!普段から結構アクティブなほうなのでしょうか?

いや、全然(笑)テレビっ子なので、休みの日はずっとテレビを観ています。でも友達から誘われたら絶対出かけますね!キャンプとかBBQとかは特に行きたいです。

「自分の役よりも周囲の雰囲気作りを意識した」 映画『ここは退屈迎えに来て』成田凌インタビュー

――本作の登場人物たちにとって「椎名くん」は魅力的な存在ですが、成田さんが魅力を感じる人ってどんな人でしょう?

笑っている人!笑うときって楽しいときじゃないですか。笑顔で楽しんでいる人にはやはり魅力を感じますし、遠くから笑い声が聞こえてきたりすると思わず“楽しそう!何だろう?”と気になってしまいますね。
あとは、何かを考えている顔の人。この仕事をしていると多くの方にお会いしますが、どうしたらもっと良くなるんだろうとか、いろんなことを考えているのが滲み出ている人には男女問わず惹かれます。

――最後に映画をご覧になるCinemaGene読者の方にメッセージをお願いします!

絶対に登場人物誰かのセリフに、これって自分に対して言われているんじゃないかと、どきっとさせられると思います。撮影を行った富山の風景もきれいですし、何よりキャストの方々がすごく魅力的です。車の中でずっと話しているような長回しのシーンなど、思わず見入ってしまう場面もたくさんあるので、ぜひ“映画館で”ご覧ください。

「自分の役よりも周囲の雰囲気作りを意識した」 映画『ここは退屈迎えに来て』成田凌インタビュー

成田さんが作り上げたという「椎名くん」を取り巻く周囲の環境と、その中で交差していく様々な人間模様。魅力的なキャストたちの自然体な演技にも注目です!

もどかしい想いを抱えながらも、羽ばたくことを夢見てやまない青春とその後を、リアルに瑞々しく描いた、映画『』は10月19日(金)公開です。

記事の写真はCinemaGeneの公式InstagramにもUPしています!こちらもチェックしてみてくださいね!
「自分の役よりも周囲の雰囲気作りを意識した」 映画『ここは退屈迎えに来て』成田凌インタビュー

『ここは退屈迎えに来て』公式サイト
橋本愛 門脇麦  / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳
原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA
10月19日(金)全国ロードショー!
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
Return Top