CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

海老蔵、トム・ハンクスの「日本のジェームズ・ボンド」に笑顔!ブログ用写真撮影も成功!?

クリント・イーストウッド監督×主演トム・ハンクスのアカデミー賞コンビの最新作『ハドソン川の奇跡』(9月24日(土)公開)のジャパンプレミア レッドカーペットイベントが9月15日(木)、有楽町マリオン1F センターモールで開催され、来日中のトム・ハンクスさんとアーロン・エッカートさん、日本側ゲストとして市川海老蔵さんが登壇しました。

イベント開始後、まずは市川海老蔵さんが登壇。
本作を観た感想を聞かれ、「劇中の『40年間パイロットをやってきたけど、残り208秒で人生が変わった』というセリフに共感しました」とコメント。また、主人公の機長サリーが不時着する際”究極の決断”を迫られるが、海老蔵さん自身の”究極の決断”の経験は?の質問には、「”海老蔵”を襲名したときに父がすぐ病気で倒れたので、いろんな決断を迫られましたね」と回答しました。

映画の来日イベント参加は初めての市川海老蔵さん

映画の来日イベント参加は初めての市川海老蔵さん

その後、トム・ハンクスさんとアーロン・エッカートさんが登場。会場の大歓声に笑顔で答えました。
トム・ハンクスさんは、「日本に戻れてうれしい」と3年ぶりの来日の喜びを語り、アーロン・エッカートさんは、「こんにちは! 日本大好き!」と日本語で挨拶を披露し、会場はさらに盛り上がりました。

英雄と称賛されるはずだった機長サリー役のトム・ハンクスさん

機長サリー役のトム・ハンクスさん

「こんにちは! 日本大好き!」と日本語で挨拶をするアーロン・エッカート

副操縦士スカイルズ役のアーロン・エッカートさん

司会者から「日本を代表する歌舞伎役者」と市川海老蔵さんを紹介されたお2人は、「日本のジェームズ・ボンドみたい」(トム・ハンクスさん)、「ひと目で才能がある方だとわかりました、ハリウッドでも成功すると思いますよ」(アーロン・エッカートさん)とべた褒め。

べた褒めされ、「恥ずかしい!恥ずかしい!」と照れ笑いの海老蔵さん

べた褒めされ、「恥ずかしい!恥ずかしい!」と照れ笑いの海老蔵さん

最後に、市川海老蔵さんからサプライズで名前入りの提灯が2人にプレゼントされ、大盛況のイベントが終了しました。

名前入りの提灯受け取り笑顔の2人

名前入りの提灯受け取り笑顔の2人

取材の際、こんな写真も撮れました…
取材陣用のフォトセッション前に、ブログ用なのかな?壇上で記念撮影するトム・ハンクスさんと海老蔵さん。
この写真は海老蔵さんのブログで見られるのでしょうか(笑)。

ブログに即アップ!?

取材陣より早くブログにアップ!?

“155 人の命を救い、容疑者になった男”チェスリー・サレンバーガー機長の姿と、未曾有の航空機事故からの生還劇の裏に隠された実話を描く『ハドソン川の奇跡』。
9月24日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショーです。

©2016 Warner Bros. All Rights Reserved

【関連記事】:
◆イーストウッド監督も「賭けたかも…」 極限の208秒に何が⁉『ハドソン川の奇跡』最新映像解禁!
◆【映像解禁!】トム・ハンクス3年ぶりの来日決定!『ハドソン川の奇跡』衝撃の予告映像
◆誰もが知る名優トム・ハンクスのこれだけは見ておきたい名作5選

Facebookコメント

Return Top