CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

内野聖陽主演映画。自殺した娘は、悪魔のような少女に追い詰められたのか?

高校のベランダから飛び降りて死んだ娘は、自殺か事故か。精神的に追い詰められていく父親を内野聖陽が演じる『罪の余白』の予告編を解説します。

娘が自殺…受け入れられない父

100175 _001

行動心理学者の安藤は、高校生の娘・加奈を自殺で亡くします。なぜ異変に気付いてやることができなかったのか。そんな自責の念にかられ真相を追っているとき、加奈のクラスメートが自宅に現れます。

美しい同級生は本当に娘の友達なのだろうか

100175_002

加奈の仏前で涙を流す咲を、安藤は静かに見守ります。
しかし、調べているうちにだんだん恐ろしい事実が判明していくのです。

スクールカーストの頂点。彼女には誰も逆らえない

100175_003

咲は上下関係で分けられた生徒たちの頂点に君臨する、カリスマ的少女でした。加奈は彼女に追い詰められていたという話を聞いた安藤は、咲に復讐を誓います。
第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した吉本美憂が、悪魔のような咲を見事に演じています。

娘を愛するあまり暴走する父

100175 _004

加奈の残した日記を読み、真相にたどり着いた安藤。しかし、彼の行動はどんどんエスカレートし暴走していきます。
映画「臨場」などでおなじみの内野聖陽が追い詰められていく父・安藤を演じるほか、谷村美月、加藤雅也などが出演しているサスペンス映画です。

『罪の余白』
10月3日(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
©2015「罪の余白」フィルムパートナーズ

Facebookコメント

Return Top