CinemaGene(シネマジーン)

映画をきっかけに、女の子の毎日をドキドキワクワクさせる

エンドロールで物語の続きを想像してほしい 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#3 上白石萌音インタビュー

とある事件をきっかけに突然同居することになった高校3年生の西森葵(上白石萌音)と久我山柊聖(杉野遥亮)。お互いの第一印象は最悪、だけど一緒に暮らすうちに惹かれあい、やがては付き合うことになった2人。彼氏彼女として秘密の同居生活を送っていたある日、柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜流星)がアメリカからやってきた!同居を知った玲苑は2人を引き離そうとするも、「一緒に住めば葵の良さがわかる」という柊聖の一言で、なぜか玲苑まで一緒に住むことに…!秘密の3人同居の行方は!?壁ドンブームを生みだした前作からキャストを一新し、さらにドキドキの三角関係にパワーアップした映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』。

エンドロールで物語の続きを想像してほしい 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#3 上白石萌音インタビュー

CinemaGeneでは3回にわたってキャストのインタビューをお届け!ラストとなる今回は、柊聖と同居中のヒロイン・西森葵役を演じた上白石萌音さん。作品を作っていくうえでワクワクしたことや、主題歌を担当した感想など、映画のことをたっぷりお聞きしました!

◆映画を観てキュンキュンを爆発させて! 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#1 横浜流星インタビュー
◆マネージャーに言われた大胆な姿とは一体…!? 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#2 杉野遥亮インタビュー

――本作への出演が決まったときは、どんなお気持ちでしたか?

恋愛映画のヒロインは自分とはかけ離れた存在だと思っていたので、とにかく驚きましたし、本当に私でいいのかと不安でした。プレッシャーは大きかったですが、原作を何度も読んだり、前作を観たりしながら、葵を演じるイメージを膨らませて、なんとか撮影初日を迎えることができました。

――上白石さんから見た葵はどのような女の子でしょう?

感情に曇りがなく、常にまっすぐで全力な女の子。そして純粋に一人を愛せる女の子だと思いました。彼氏の従兄弟として仲良くなろうと玲苑に向き合う葵ですが、そこに少しでも恋愛感情が生まれると、3人の関係性はうまく成り立たなくなってしまうので、玲苑とのシーンでは台本に書かれている言葉をそのまま受け止めて演じました。

――なるほど…!葵は周りの人に対して尽くすタイプですが、上白石さん自身はどうですか?

私も尽くすほうかな。プレゼントを選んでいる時間がすごく好きで、自分のものは適当に買うけど、誰かに贈るものは一切妥協したくないんですよ。“この子にはこれだ!”っていうものを見つけられると嬉しいです。

エンドロールで物語の続きを想像してほしい 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#3 上白石萌音インタビュー

――“ある日、突然一緒に住むことになる”という少女漫画ならではの世界観。役として体験してみた感想は?

同居って大変だなあと…(笑)24時間一緒にいるわけじゃないですか。私は葵のように相手にすべてをさらけ出せる自信がないので、すごいなって思いました。それだけ葵は柊聖のことが大好きなんだと感じましたし、演じるうえでのヒントにもなりました。

――作品を作っていく過程で、どういったところにワクワクしましたか?

現場ではスタッフさんを含め、どうすれば観ている方にドキドキしてもらえるのか、日々みんなで胸キュンを追求していました。この作品ならではのことだと思いますし、こんなにも胸キュンについて考えたことは今までになかったので楽しかったです!

――みなさん壁ドンについて相当研究されていたとか…!

そうですね。みんな壁ドンに対してプライドがあったと思います。特に杉野さんと横浜さんは手の位置など細かなところまで考えていらっしゃったので、ぜひ壁ドンシーンには注目していただきたいです!

エンドロールで物語の続きを想像してほしい 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』#3 上白石萌音インタビュー

――今回、上白石さんは本作の主題歌も担当されていますよね!

andropの内澤(崇仁)さんに曲を書いていただいたのですが、デモを聴いたときから、ずっと歌ってみたいと思っていたんです。主題歌を担当するということで、ものすごく責任を感じましたが、それ以上に「ハッピーエンド」を歌える嬉しさと喜びでいっぱいでした。

内澤さんからは「“歌い上げる”というよりも、幸せを口ずさむ感じで」とアドバイスをいただき、力まずに、鼻歌を歌うようなイメージでレコーディングに臨みました。映画としての物語は最後のシーンで完結しますが、エンドロールで流れる曲を聴きながら、その先のストーリーを想像していただけたら嬉しいです。

Return Top