CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

レトロ可愛いファッションが登場する映画5選

typist_a
出典:http://matome.naver.jp/

アメリカのレトロファッションって、今でもちょっと工夫すれば、可愛く着られそうな気がしませんか?可愛いレトロファッションが登場する映画をご紹介します。

50年代のレトロ感満載のファッションにインテリアはセンス抜群!『タイピスト』

タイピスト1
出典:http://accordioncafe.blog.fc2.com/blog-entry-175.html
タイプライターの世界高いに進出した主人公。赤いドレスを着用したエレガントな大会となっていて、これがタイプライターの大会なのかと疑うほどです。

フランスが舞台の『タイピスト』。今ではかなり珍しいタイプライター早打ち世界大会なるものに、主演のローズ・バンフィル役デボラ・フランソワが挑戦する作品です。
ドジで不器用だけれども、タイプの早打ちという特技をルイに見いだされて、大会出場することになります。でも、最初の地方予選は敗退してしまったため、ルイにもう特訓されて今後は見事に1位通過して、世界大会へと挑んでいきます。

タイピスト2.png
出典:http://49752629.at.webry.info/201309/article_8.html
レトロなビタミンカラーのネイルは、衣装にも表れています。

タイプの早打ちシーンは、気持ちがいいくらいお見事です。フランス映画独特の雰囲気があまりなく、明るくてスピード感があります。
劇中のデボラが着ているファッションが可愛くて、インテリアとともに見ていて楽しめる作品です。
パソコンのキーボードを最初は1本指で打つのと同じで、ローズも最初は1本指からスタートする様が、微笑ましくてかわいいです。
しかし、微笑ましいままの状態では世界大会へと進めるはずがないので、ネイルをタイプのボタンと同じ色にして、10本指打法による早打ち訓練をしていきます。フランスならではなのだろうか、おしゃれなアイデアです。上手くキーボードを打てない人には、このアイデアありかもしれないですね。

60年代のポップでレトロなファッションの青春ミュージカル『プラハ!』

movie6
出典:http://bjx.jp/2483
ポップでカラフルですよね♪青春ミュージカルらしいファッションです。こうしたポップでカラフルなファッションはなかなかできないですが、参考になりますよね。

『プラハ!』は2006年に公開されたチェコの映画になります。
高校卒業間近のテレザとブギナ、ユルチャの3人の恋のお話です。自由を求めて軍隊から脱走したシモンとボブ、エマンと出会い恋に落ちる3人ですが、脱走した若者3人には警察の追手が迫ります…。果たして3人を待ち受ける運命とは?

プラハ4
出典:http://bjx.jp/2483
女性も男性もカラフル。レトロなイメージはあるけれども、今でも取り入れやすいデザインばかりです。

1968年のチェコスロヴァキアが舞台。社会主義国でありながら雰囲気の古い街並みで、レトロポップな衣装で陽気に歌い踊る場面は素敵で心が弾みます。派手さはないですが、人々に愛されるミュージカルではないでしょうか。

ファッションも壁紙やインテリアもすべてが参考にできる『シェルブールの雨傘』

シェルブールの雨傘5
出典:http://yaplog.jp/tsubaki-hyme/archive/1167

バックに見えている壁紙やセットが、主演のカトリーヌが着ている水色のワンピースを引き立てています。大きめの丸えりに丸いボタン、また同色のリボンとコサージュがとっても可愛らしいですよね。

ジャック・ドゥミ監督、主演のジュヌヴィエーヴ役はカトリーヌ・ドヌーヴが。
全部で3部構成となっている映画です。旅立ち、不在、帰還と別れていて、20歳で自動車整備工だったギイと17歳のジュヌヴィエーヴとの恋愛、別れ、心情を描いた作品です。

シェルブールの雨傘6
出典:http://yaplog.jp/tsubaki-hyme/archive/1167
白いAラインのコートが清楚な雰囲気に仕上げています。

劇中では60年代のファッション以外にも、インテリアや人物のバックに移りこむ壁紙とのコントラストは、とてもセンスが良くて、色、柄共に参考になる場面ばかりです。

60年代のファッションでは、「17歳の肖像」や「ファクトリー・ガール」、「女は女である」などのファッションにも注目してみてください。

繊細な女の子たちが登場する映画『ヴァージン・スーサイズ』

ヴァージン・スーサイズ7
出典:http://girlyholic-0000.blogspot.jp/2012_03_01_archive.html
ちょっとレトロなファッションが、オシャレで可愛いですよね。

1999年アメリカで制作された、ソフィア・コッポラ監督の初の作品になります。可愛らしくて美しい5人姉妹がいるリスボン家が舞台となっています。内容少女たちの自殺を扱っているものの、監督独特の世界観で、女の子が一番魅力的に映えるような明るい色遣いで仕上げています。
ガーリーなファッションにサウンドトラックもセンスが良く、評価されている作品です。

ヴァージン・スーサイズ8
出典:http://www.franceotoko.com/2012/05/blog-post_21-8.html
姉妹それぞれの性格に合わせた衣装のチョイスもチェックしてみて

大人や男の子たちには到底理解できない、女の子特有の心情を描いています。

ファッション大好きなエアロが本当の恋をする学園ラブコメディー『クルーレス』

クルーレス
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/yatsurugi319/46893506.html
ファッション大好き女子高生たちの衣装は、古さをあまり感じさせないものばかり

エアロ役のアリシア・シルヴァーストーンは、セレブな女子高生で、本当の恋をしたことによって、物質至上主義だった自分の世界観が変わり、周りも変化していく様を描いた作品です。
劇中では次から次えと衣装が変わるので、そのファションを参考にして、自分らしくオシャレを楽しんでみてくださいね。

Facebookコメント

Return Top