CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

オダギリジョーがピンクのエプロン姿!?『湯を沸かすほどの熱い愛』愛らしい場面写真解禁

10月29日より公開される、宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』より、おたま片手にピンクエプロン姿!愛らしすぎるオダギリジョーさんの場面写真が解禁されました。

〝死にゆく母と、残される家族の愛と絆″という普遍的なテーマを、想像できない展開とラストを描いた『湯を沸かすほどの熱い愛』。
オダギリジョーさんは、頼りないけどなぜか憎めないお父ちゃん役を演じています。

なぜこんな姿なの!?

なぜこんな姿なの!?


今回解禁された場面写真は、家出した夫(オダギリジョーさん)の行方を追う双葉(宮沢りえさん)が、ついに居所を突き止め突然訪問するシーン。
1年も会っていない夫との対面に緊張を隠せない双葉。しかし、扉を開けて出てきたのは、なんとも気が抜ける、おたま片手にピンクの可愛らしいエプロンをまとった夫の姿…。
この後、双葉がどんな行動をとったのか?

本作でオダギリジョーさんが演じるのは、幸野一浩。
銭湯「幸の湯」の主でありながら、家業も家族もほったらかしにしてどこかへ消えてしまうダメ男、しかしある日突然、「余命わずか」と宣告された妻・双葉に連れ戻され、注がれる大きく熱い愛によって、再び家族と繋がり、強い絆で結ばれていく…
頼りないけど愛すべきお父ちゃんが再び家族と繋がっていく奮闘の日々に、胸が熱くなる、家族っていいなと思わせる作品です。

『湯を沸かすほどの熱い愛』ストーリー

私には、死ぬまでにするべきことがある。
銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していきます。
家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる…母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

家族みんなで映画館に見に行くのにぴったりな作品です。
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』10月29日(土)新宿バルト9他全国ロードショー!

©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

【関連記事】:
◆映画『オーバー・フェンス』で主演を務めるオダギリジョーのおすすめ出演映画作品
◆宮沢りえ×オダギリジョー×松坂桃李 『湯を沸かすほどの熱い愛』特報映像がついに解禁!

Facebookコメント

Return Top