CinemaGene(シネマジーン)

CinemaGene(シネマジーン)

「天然コケッコー」など、等身大の恋愛が胸に迫る。漫画家くらもちふさこ

アイキャッチ (74)
出典:http://www.amazon.co.jp/

「天然コケッコー」をはじめ、「いろはにこんぺいと」、「海の天辺」、「チープスリル」など様々な名作を生み出してきた、漫画家・くらもちふさこ。その読者を引き付けてやまない描写と、おすすめの長編漫画をご紹介致します。

漫画家・くらもちふさこの魅力

画像② (3)
出典:http://www.amazon.co.jp/

今でこそ少女漫画の世界では、当たり前のように等身大の悩みが描かれていますが、一昔前では、舞台が外国であったり、夢物語のような恋愛が描かれるなど、実際には起こりえないイメージが多い世界観が主流でした。しかし、くらもちふさこは作品で、主人公が同じ年頃の少女が持つような悩みを吐露するなど、当時の少女漫画には革命的な表現で読者を魅了しました。
代表作の「天然コケッコー」では、エピソードを積み重ねる演出、直接には表現せず絵から想像させる技法など、読者の興味を引き付けてやまない心理描写に目が離せない読者も多いはず。現実的でありながらも、どこかオボロ気な雰囲気の作風も引き込まれる表現の一つでもあります。

おすすめ漫画1「いろはにこんぺいと」

画像③ (3)
出典:http://booklive.jp/product/index/title_id/228149/vol_no/001

同じアパートに住んでいながら、小学三年以来ろくに口もきいていなかったチャコと達ちゃんが、高校二年ではじめて同じクラスになったところから物語が始まります。二人を取り巻く友達やアパートの人達との関係も含めて、二人があらためてお互いを知っていく過程が自然に、そしてちょっとドラマティックに描かれています。
登場人物がそれぞれにいじらしくて、愛おしい作品です。続編の「こんぺいとはあまい」もおすすめです。

おすすめ漫画2「海の天辺」

画像④ (3)
出典:http://www.suruga-ya.jp/

中学3年生の主人公椎名和佳子が担任の河野和彦を好きになり、一途でいじらしい恋心を先生にぶつけていくと言うストーリー。これがもしも高校生だったら、ちょっと生々しい部分があったり、恋愛の中にも計算のようなものも見えたりするかも知れませんが、主人公のシーナが中学生なので、その気持ちがとっても一途で可愛らしく読んでいて純粋な気持ちになれます。
そして、キャラクターの繊細な心の機微を、伏線や小道具をも駆使して丁寧に描かれています。

おすすめ漫画3「チープスリル」

画像⑤ (2)
出典:http://www.suruga-ya.jp/

伏線がびっちり張りまくりの、コミカルかつハートウォーミングな作品です。三人の女の子がそれぞれ物語の主人公になり、オムニバス形式で物語が進んでいきます。三つの物語りが入り混じりながら、過去と未来でどう繋がっていくのかを自然な流れで盛り上げていきます。
この作品の最大の見どころは、張り巡らされた伏線が綺麗にまとまっていくところにあると思います。伏線となる登場キャラの役割分担がごく自然で、すごく巧いです。また、脇役も魅力的で手を抜いてないのも魅力的。

おすすめ漫画4「天然コケッコー」

画像⑥ (1)
出典:http://www.suruga-ya.jp/

「田舎マンガ」の金字塔とも言える作品です。たった6人の生徒が通うド田舎の分校に、東京から転校してきたカッコイイ男の子・大沢くん。方言まるだしだけど純情可憐な美少女そよちゃんは、初めての同級生にドキドキで…。のんびりした田舎ライフの中で育まれていく二人の初恋。それを見守る家族や友人、村の人々、島根の四季…。ひとからみたらなんでもないさりげない日常でも、こどもたちにとっては大変な毎日のできごと。周囲の人々とのふれあいのあたたかさ、とてもゆっくりと流れてゆく季節の変化、そして忘れていたような懐かしい日本人と日本の田園と、海と山の豊かな情景に癒されます。

Facebookコメント

Return Top